介護福祉士になることの重要性とは?

介護福祉士とは、専門的な技術や知識をもって日常生活を営むのに支障がある高齢者や障害者などに対し、食事を食べさせる・排泄や入浴の世話をするなどの身体介護、身の回りの家事などの援助をする生活援助、介護に関する相談・助言、高齢者や障害者などの対人関係の支援を行う社会活動支援などを行う仕事です。
介護福祉士が必要とされる背景には、現代の日本の超高齢化社会が挙げられます。
医療の進歩によって、疾病や障害があっても長生きできるようになり、平均寿命が今では80歳を超えています。
80歳以上では介護が必要な要介護状態の高齢者は二人に一人だといわれていることから、今後さらに平均寿命が伸びていくことにより要介護者の増加や介護の長期化の問題も出てきます。
このようにたくさんの問題を抱える介護の分野において、実際に介護に携わる介護職の中で唯一の国家資格である介護福祉士が果たす役割は非常に大きなものであるといえます。